東京駅より徒歩5ネオアンチゲン免疫治療の東京MIT・アスゲンがんクリニック

  • 0120621636
  • 資料請求

0120621636

資料請求

アクセス

電話受付 月-土曜 9:30-18:30[祝日除く]

超高濃度ビタミンC点滴治療とは

超高濃度ビタミンC点滴治療とは

MITグループではAPT分子免疫治療に加え、
がん超高濃度ビタミンC点滴治療を
お受けいただくことができます。

期待される効果

点滴

がん 超高濃度ビタミンC点滴治療は食欲の増進や、標準治療における抗がん剤副作用の軽減、またはがんによる痛みの緩和などを期待される治療です。
当院が実施するAPT分子免疫治療や各種がんの標準治療と併用しておこなうことができます。

副作用などの有害性がなく、生活の質(QOL)を高める治療法としておこなっていただくことができます。

治療費用
治療費用
25g9,000円
50g12,000円
100g15,000円
G6PD検査費用10,000円

※ その他に初診料が必要となります。

治療をお受けいただくにあたって
  • 治療当日は必ず朝食を摂ってからご来院ください。
  • 治療当日は水分をしっかり摂ってください。
  • 腎透析をされている方は、その旨ご相談ください。

遠方にお住まいの方へ

MITグループでは、ご自宅でもできるがん 超高濃度ビタミンC点滴治療として
高濃度持続型ビタミンCサプリメントをご用意しております。

  • 高濃度持続型ビタミンC
    イースタティックビタミンCとは

    e-StaticVitaminC

    イースタティックビタミンCは食欲の増進や、標準治療における抗がん剤副作用の軽減、またはがんによる痛みの緩和などを期待されるサプリメントです。

    イースタティックビタミンCは、当院が実施するAPT分子免疫治療や各種がんの標準治療と併用しておこなうことができます。

    副作用などの有害性がなく、生活の質(QOL)を高めるサプリメントとして摂取していただくことができます。
    また、がん 超高濃度ビタミンC点滴治療を受けられている方は、血中・細胞内濃度の安定化を目的としてイースタティックビタミンCの併用を推奨しています。

  • イースタティックビタミンC
    の原理

    e-StaticVitaminC

    通常のビタミンCでは、がん細胞の周辺組織で過酸化水素を発生し、酵素と結びついてDHAとなり尿として排出されます。このため、血中の滞在が短くビタミンCを高濃度で持続することが困難です。
    これに対し、イースタティックビタミンCは、一旦は酵素を受け取りDHAとなりますが独自のイオン化ミネラルにより酸化交換を行うことで、血中の滞在が長く高濃度を持続することができます。

  • イースタティックビタミンC
    の特徴

    ポイント1

    胃酸による分解を防ぎビタミンCが本来吸収される小腸まで運搬されます。

    ポイント2

    持続的吸収によって短時間での血中濃度上昇を防ぎ、長時間の血中濃度保持を可能にしています。

    ポイント3

    独自のイオン化ミネラルにより酸化・還元性が強化されています。

    比較表
    費用
    イースタティックビタミンC 84包(3包/日)28日分25,000円(税別)
  • ▼ ご購入はこちらから ▼

    e-StaticVitaminC公式通販サイトはこちら

副作用はある? APT分子免疫治療とは? がん専門カウンセラーがお答えします。

0120621636

▲タップで発信できます▲